コイルドウェーブスプリング

省スペース

圧縮ばねの半分以下の高さでばね力を発揮します。
外径Φ20、荷重10kgを発生させるには圧縮ばねではH=10の高さが必要ですがCWSでは3mmの高さで荷重が発生します。
(圧縮ばねはSUS材Φ2mmで検討) (CWSはSUS材板厚0.45, 板幅3mmで検討)

軽量化

製品単量の低減が可能となります。
10kgを支えるとすると圧縮コイルばねは5.64gが必要ですが、CWSは1.65gで対応可能です。
重量は4g低減し、重量比で70%の重量低減となります。

お問い合わせ

その他ばね製品

特殊形状製品

汎用品

板ばね・薄板ばね

形状記憶合金ばね

展示サンプルケース

お問い合わせ

導入事例

ページの先頭へ